サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

偏見が引き起こした銃撃事件…2本の足を失った優しいピットブル

Pocket

偏見が引き起こした銃撃事件…2本の足を失った優しいピットブル

人間によって凶暴なイメージを擦り込まれてしまったピットブル。それは「闘犬用」として作出されてしまったことが原因です。

アメリカ、シカゴで起きたピットブルの銃撃事件もまた、凶暴な犬だという強い偏見が引き起こした悲劇でした。

ある日のこと、住宅街を徘徊しゴミをあさっているオスのピットブルを、近くの住人が発見します。住人に危害を与えたわけでも威嚇してきたわけでもないのに、この住人は迷うことなくピットブルを銃撃しました。

その理由は「ピットブルは撲滅すべき犬種だ!」という偏見に満ちたものでした。その結果、ピットブルは右前足と右後ろ足の2本を完全に失ってしまったのです。

銃撃した住人へのお咎めがあったかどうかはわかりません。しかし、人間の偏見は「命の大切さ」すら感じさせなくすることは確かです。

驚くことに、このピットブルは野良犬ではなく人間に飼われているペットでした。しかし、飼い主はピットブルに満足な食事を与えることもなく、放し飼いにしていたのです。

お腹が空いて仕方がなかったピットブルは、ゴミをあさるしか生きる術を持っていませんでした。そこを銃撃されてしまったのですから、ピットブルにとっては悲劇としか言えませんが、飼い主への同情の余地はありません。

ピットブルはシカゴの動物愛護団体によって保護されましたが、飼い主に事情確認をしたところ、動物病院で手術を受けさせるだけのお金が用意できないから要らない、という答えが返ってきたのです。

アメリカの多くの州でピットブルの飼育が禁止されているのも、こんな飼い主が多いことも原因の1つなのでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook