サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

保護された2匹の野良犬、片目の保護された2匹の野良犬、片目のチワワを守っていたのは相棒のピットブルだった。を守っていたのは相棒のピットブルだった。

Pocket

保護された2匹の野良犬、片目のチワワを守っていたのは相棒のピットブルだった。

仲良しコンビが発見されたのは、ジョージア州のサバンナ市の道端でした。保護にあたった警官は、ピットブルが小さなチワワをなぜここまで労わっているのか不思議に思います。

よく見てみると、チワワの左目は病気にかかっているようでした。警官は地元のアニマルシェルターにケアしてもらう段取りをつけます。

アニマルシェルターの獣医の診断で、チワワの目は何らかの原因により失明している可能性があることがわかりました。

ピットブルは、これまで一緒に過ごしてきた相棒の目の状態が良くないことを知っていたのでしょう。道路を移動するときは口で咥え、相棒の負担を軽くしてあげていたのでした。

可哀想ではありますが、命と引き換えにチワワの眼球を除去する手術が行われました。

その間、一人ぼっちで過ごしていたピットブルですが、チワワが回復して対面できた瞬間の喜びようは、まるで数年ぶりに再会したのかと思わせるほどです。

ピットブルとチワワはほんの数日しか離れていなかったのに、互いの姿を確認するやいなやク~ンク~ンと鳴き合って無事を喜び合います。

そして、思う存分相棒の顔や体を舐め合った後、体をピッタリと寄せ合ってしばらく離れることはありませんでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook