サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

地震の被災地を丸ごとコンクリートで封じ込める。地震で廃墟化した町を封じ込めた巨大アート

Pocket

被災地を丸ごとコンクリートで封じ込める。地震で廃墟化した町を封じ込めた巨大アート

1968年1月半ば、イタリアのシチリア島西部にて発生したM5.5のベリーズ地震は、およそ400名の死者と1000名近くの負傷者を出した局地的な地震だった。

なかでも最も被害が大きかったジベッリーナ町の住民は、壊滅状態になった町でプレハブ住宅でおよそ10年近く生活したのち、復興が望めない町から離れた。

それからしばらくし、ジベッリーナは生まれ変った。かつて住人が暮らしていた町は、アルベルト・ブッリにより厚い灰白色のコンクリートで覆われ、巨大なランドアートとなったのだ。

これは、震災で命を落とした人々の追悼碑でもあり、震災を忘れないようにするための意味合いが込められている。

廃墟となった町並みを丸ごと封じ込めた大胆なモニュメントはいくつかの物議を醸しているものの、見る者を圧倒する迫力を秘めている。

イタリアのシチリア島にある州都パレルモから約70km西に、丘の斜面を抱くように広がる巨大なコンクリートの迷宮がある。

この厚い板状のコンクリートに入った亀裂のような道は、かつてこの場所に存在した昔のジベッリーナの町道と正確に一致している。 

ベリーズ地震により、島内で被災した町の数は10ヶ所を超えた。なかでも最も揺れが強く局地的に壊滅的な被害を受けたのが、このジベッリーナだった。

震災後のジベッリーナの様子

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook