サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

予定日を3週間過ぎても生まれなかった赤ちゃん。奇跡の命がつくった伝説とは…

Pocket

日本の歌姫。奇跡の歌声の宇多田ヒカルには出産の際にあるエピソードがありました。

出典:otowota.com

赤ちゃんは予定日を3週間過ぎても、

誕生しなかった。

医師は帝王切開を決断する。

そして、取り出された赤ちゃんの心臓は

動いていなかった。

母親は麻酔で意識無し。

医師は父親に「残念ですが…」と

胎児の死を告げる。

しかし、父親はこの小さな命を

あきらめようとはしなかった。

父親は泣きながら、

必死にマッサージをした。

すでに決めていたその子の名を叫びながら。

そして、奇跡は起こった。

なんと、赤ちゃんは

徐々に血の気が戻ってきて蘇生した。

アメリカで生まれ育った

あの奇跡の赤ちゃんは、

やがて両親の影響で音楽に目覚める。

10才でファミリーユニットとしてデビュー。

14才でソロデビュー。

その才能は祖国、日本へと渡り、

15才で日本デビュー。

奇跡の命は次々と伝説をつくった。

デビュー曲、「Automatic」は

いきなりミリオンセールスを記録。

16才でファーストアルバム

「First Love」を発売。

国内外で1000万枚近い売上で

日本アルバム歴代チャート1位に輝く。

以後10年にわたり、

奇跡の少女は歌姫として

音楽業界で神話をつくり続け、

アメリカや全英でも

メジャーデビューを果たし、

世界の歌姫になる。

日本の歴代ミリオンセールスアルバム

ランキングで 1位、4位、8位に

彼女の作品が入っている。

そのため日本で最もアルバムを売った

アーティストとしてギネスブックに

紹介されている。

彼女の名は宇多田ヒカル。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook