サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

瀕死の状態で保護されたボブキャットの赤ちゃん。一人ぼっちで生きる気力を失っていたけど念願の友達できたよ!

Pocket

瀕死の状態で保護されたボブキャットの赤ちゃん。一人ぼっちで生きる気力を失っていたけど念願の友達できたよ!

アメリカのフロリダ州にて生後間もなく保護されたものの、たった一匹の兄弟に先立たれ、生きる気力を失ったボブキャットの赤ちゃんがいた。

その子になんとか元気になってほしいと願ったスタッフは、野生のボブキャットにとっては欠かすことができない同種の仲間探しを開始した。
 
その友達探しは功を奏し、彼女と同じように友人を必要とする孤独で幼いボブキャットが見つかり、2匹は今後野生に戻る日に向けて共に生きていくこととなった。

この赤ちゃんボブキャットは沼の中できょうだいと共にひどく痩せ細り弱り切った状態で発見された。

米フロリダ州パームショアーズにある、フロリダ野生動物病院&サンクチュアリ(Florida Wildlife Hospital & Sanctuary)が彼らを保護したものの、残念ながら生き残ったのは1匹だけだった。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook