サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

虐待から逃げるように放浪していた野良犬、警察署に迷い込んだ彼が手に入れたものとは?

Pocket

虐待から逃げるように放浪していた野良犬、警察署に迷い込んだ彼が手に入れたものとは?

その野良犬は、フラフラとした足取りで警察署の中に迷い込んで来ました。

ガリガリに痩せ細った身体から、この野良犬が十分な食べ物にありつけずに栄養失調に陥っているであろうことは誰の目にも明らか。

加えて、野良犬の目は何かに怯えているようにも見えました。

発見した警察官によると、野良犬の身体には虐待を受けたかのような傷跡があったそうです。

捨てられたのか、逃げてきたのか。

野良犬を不憫に思った警察官は、彼にご飯と水を与えました。

すると、野良犬は全て綺麗に完食し、満足そうな表情を見せて帰っていったといいます。

翌日になって、驚いきの光景が警察官の目に飛び込んできました。

なんと、昨日ご飯を与えた野良犬が再び警察署にやってきたのです。

たった1日前に出会ったときには、人間にひどく怯えていた野良犬ですが、今日はなんだか雰囲気が違います。信じられないほど人懐っい仕草をみせるのです。

もしかすると、昨日ご飯と水を与えてもらったことで、この警察署の人たちなら信じてもいいかもしれないと感じたのかもしれませんね。

警察官は、今度は野良犬の身体を綺麗にシャンプーしてあげました。綺麗で清潔な身体になった野良犬は、とても嬉しそうな表情を浮かべたといいます。

すっかり警察官に心を許した野良犬、こんな姿を見てしまっては彼を見捨てることができません。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook