サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

たった1日で2万匹に里親を!アメリカで行われた画期的な動物愛護キャンペーンとは?

Pocket

たった1日で2万匹に里親を!アメリカで行われた画期的な動物愛護キャンペーンとは?

去る7月23日、全米の700近くに及ぶシェルターでひとつの目標に向かって大きな取り組みがなされました。その目標とは、できるだけ多くの動物に新しい飼い主を見付けること。

アメリカのテキサス州のあるシェルターは、先導して300匹の犬猫に家族を見付けることに決めました。そのプロジェクトは、アメリカのテレビ局NBCとTelemundoが主催者となり、『Clear The Shelters(CTS)』と名付けられています。

7月23日が終わるまでに、CTSに参加したテキサス州のフォート・ワース・アニマル・シェルターでは、全ての檻が空になりました。実に、310匹の動物たちに里親が決まったのです。

その日は、数ヵ月にも渡りシェルターに留まり続けていた犬たちがハッピーエンドを迎えたのですが、その中でも特にある1匹の保護犬の話が印象的です。

それは、ジェーンという名前のピットブル。

ジェーンは、この5月に迷い犬としてフォート・ワースのシェルターに連れてこられました。彼女は非常にシャイで、自分から人に近付くこともなければ、シェルターの職員が必要であれば彼女を抱き上げない限りは檻から離れようともしませんでした。

徐々にシェルター職員と信頼関係を築いたジェーン。

しかし、四六時中職員とべったりいたがるようなその強過ぎる信頼関係が仇となって、新しい飼い主候補たちからは敬遠されてしまうことになったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook