サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

うつ病を患っている女性が公開した寝室のビフォア・アフター画像

Pocket

うつ病を患っている女性が公開した寝室のビフォア・アフター画像

スウェーデン在住の、うつ病を患う女性が公開した寝室のビフォア・アフター写真が大きな反響を呼んでいる。

健康な人にとっては単に汚部屋を掃除しただけの些細な出来事なのだが、深刻なうつに苦しむ人とってはちょっとした家事ですら非常に困難になる場合が多いのだ。

 自分を奮い立たせ、やっとの思いで汚い部屋を掃除していく

散らかった部屋を片付けることなんて造作もないことと思うかもしれないが、うつ病患者にとってはとても辛い作業だ。

自分のエネルギーが完全に枯渇していて何もする気になれない。

まるで自分を蝕む病を象徴するように寝室の空間を埋めつくしていくゴミ、それをどうにもできない自分自身への苛立ち、苦しみ。

すべてが悪循環にはまってゆく。

ジョナ・ルースルンドは深刻なうつを患っている26歳の女性だ。かつて彼女は掃除を含めた家事をこなすことが心底つらかったという。

心の中ではしなければと思っていてもどうしても行動が起こせず悩んでいた。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook