サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

歩くことはできないけど、ここに座ってずっとみんなを癒してあげるから。ロシアの動物病院で働く黒猫の天使

Pocket

歩くことはできないけど、ここに座ってずっとみんなを癒してあげるから。ロシアの動物病院で働く黒猫の天使

動物たちを分け隔てなく癒す黒猫はポーランドにも存在する(関連記事)が、どうやら黒猫は、白衣ならぬ黒衣の天使属性を持つ個体が多いようだ。

 ロシアの動物病院にも、傷ついた動物たちに寄り添い、その傷を必死に癒そうとする猫がいるという。彼女の名はルシファー。メスの黒猫である。

 ルシファーは知っているのだ。傷ついたときどんなに心の支えが必要なのかを。なぜなら彼女もかつて傷ついたことがあるからだ。
今では歩けない体になってしまったが、自分の境遇をまったく意に介さず、ただひたすらに動物たちを慰め続ける日々を送る。

ロシアのペルミ市にある動物病院で、マスコット兼看護猫として働いているルシファー。病院ではルクという愛称で親しまれている。

ルシファーとは、堕天使とか悪魔を意味するが、黒猫ルシファーの場合には、ただ純粋に光をもたらす天使なのだ。

ルシファーのかつての飼い主は不明だ。この病院に引き取られた時には既に歩けない状態だった。

ドアか何かに体を挟んで形跡があり脊髄を激しく損傷しており、この病院で治療が行われたものの歩けるようにはならなかった。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook