サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

行方不明だった犬が亡くなった飼い主の葬式に?愛犬が別れを告げに来た不思議な話

Pocket

行方不明だった犬が亡くなった飼い主の葬式に?愛犬が別れを告げに来た不思議な話

メキシコ・モンテモレロスに住んでいたドニャさんは、愛犬ベイロンと長年暮らしてきました。そんな幸せな暮らしを打ち破るかのようにドニャさんを病魔が襲ったのです。

彼女の病気はガンでした。ドニャさんは日常生活に支障をきたすようになったため、親戚の家で大半を暮らすことになります。

しかし、愛犬のベイロンは自宅に置いて来ざるを得ず、親戚の家から自宅まで犬の世話をしに通う日々を過ごしていました。

数か月後、ドニャさんは自宅にいるベイロンの元に通えなくなるほど体調が悪化してしまったのです。入院を余儀なくされたため、愛犬の面倒は親戚に託すことにします。

ドニャさんは、自分の容態のことよりも愛犬ベイロンのことが気がかりだったに違いありません。

残された愛犬の面倒を看るために親戚がドニャさんの自宅に行ったところ…。ベイロンの姿がどこにも見当たりません。

飼い主のドニャさんが入院したと同時に、ベイロンは行方不明になってしまいました。もちろん親戚の人たちもベイロンの行方を捜したはずです。しかし、誰も見つけ出すことができませんでした。

ドニャさんの容態を考え、愛犬が行方不明になったことは伝えられないままに時が過ぎ、そして2週間後、ドニャさんはベイロンにお別れを告げることなく、病院のベッドの上で息を引き取りました

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook