サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

繁殖犬が手に入れた幸せ…それは”御用済み”として捨てられたことから始まった

Pocket

繁殖犬が手に入れた幸せ…それは”御用済み”として捨てられたことから始まった

アメリカ、ニューヨーク市を走る地下鉄の構内は、朝の通勤ラッシュで賑わっていました。そんな構内の手すりに、不安そうな顔の犬が繋がれていたのです。

しかし、誰しもがこの犬を気に掛ける様子はなく、足早に通り過ぎるだけ。都会の雑踏にもかかわらず、犬が佇むその場所には冷たい風が静かに流れていました。

不安げな表情で、ただただ遠くを見つめて座り続ける犬。その爪は異常なまでに伸びきっていて、ほとんど歩いたことがないことを物語っていました。

汚れた体を細かく震わせている犬の不自然さに気が付いたのは、通勤途中の女性、サラ・ボロックさん。ボロックさんはすぐさま警察に連絡を入れました。

仕事には遅刻してしまうかもしれませんが、震える犬の側にずっと寄り添いながら警察が到着するまで待っていました。

警察に保護された犬は、ブルックリンのシェルターが預かることになったのですが、決められた期限内に里親さんが付かなければ、殺処分が待っています。

保護された犬はおよそ2歳のピットブルとテリアのミックスで、シェルターのスタッフによって”ベッツィ”と名付けられました。

獣医の診察により、ベッツィのあまりにも悲惨な過去が浮き彫りになったのです。ベッツィの体には、明らかに何度も出産していた痕跡がありました。

そして、目には腫瘍があり、伸びすぎた爪で肉球は傷ついています。さらには呼吸器も状態が悪く、栄養失調状態でした。わずか2歳のベッツィの体はボロボロになっていたのです。

ここまでベッツィをおとしめたのは、粗悪な”パピーミル(犬工場)”の仕業、もしくは素人が知識もなく繁殖して小遣い稼ぎをする”バックヤードブリーダー”によるものと判断されました。

いずれも犬を愛して繁殖する良心的なブリーダーとはかけ離れた世界にいる人間たちです。

ベッツィのお乳はまだぷっくりと張っていたことから、子どもを産んでさほど日にちが経っていないにもかかわらず、御用済みとされて捨てられてしまったことがわかります

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook