サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

アイス売りのおじいさんを救え! 苦境を知った住民の呼びかけに支援者が殺到

Pocket

アメリカ・シカゴから心温まるニュースが届きました。長年地元でアイスクリームを販売してきたおじいさんの苦境を知った街の人々が、このおじいさんを救うべく寄付を募った結果、予想をはるかに上回る支援が集まり話題となっています。


89歳になってもアイスを販売

そのおじいさんとはアメリカのシカゴに住む、Fidencio Sanchezさんです。彼は23年もの間、通りでアイスクリームのカートを押し続け、89歳になる今もその仕事をしています。この仕事は89歳の老体にはなかなかに過酷… Sanchezさんはabc NEWSの取材に対し「私は朝早く起き、1日中、夜の8時まで売り続けています」と答えています。暑い夏の日でも寒さが厳しい冬でも、天気が悪く雨が降り続ける日でさえ、通りに立たなければならないそうです。

出典:www.facebook.com

娘が亡くなり、孫を育てることに

実は、Sanchezさんは2カ月前に一度リタイアしていました。しかし数週間前に彼の娘さんが突然亡くなり、Sanchezさんと彼の奥さんは残された2人の孫の面倒を見ることになったのです。そのために彼は仕事を再開しました。生活費を稼ぎ、子供を養うためにも毎日アイスクリームを売らなければならないのです。
 
しかしどんなにがんばっても、1日の売上は50ドルから60ドル程度にしかなりません。両肩にのしかかる重い責任、生活へのプレッシャーはつらいものがあったに違いありません…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook