サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

バス事故に遭い、横たわる飼い主のそばを離れず心配し続ける犬のひたむきな愛に涙…

Pocket

愛犬の飼い主を思う一途な気持ちがどれだけ強くても、傷つき倒れた飼い主の体を治療することは不可能です。しかしその傷ついた体に寄り添い、気遣いながら懸命に慰めようとする彼らのひたむきな愛は、飼い主の心にきっと届いているのではないでしょうか。


コロンビアでのバス事故

2016年8月31日、コロンビア・メデリン市で、バスの衝突事故が起きました。走行中に脇道に逸れ、建物に衝突したそのバスは、かねてから故障箇所があったそうです。この事故で38人が負傷しましたが、幸い、命に関わるほどの重傷者はいませんでした。
 
とある男性は不運にもこの事故の被害者となってしまいます。彼の妻は家族の一員である愛犬・「ルーカス」と共に、負傷者たちでごった返す現場に駆け付けました。ルーカスは横たわる飼い主を見るや否や、彼のそばに駆け寄り、慰めつつ無事を確認しはじめました。

出典:youtu.be

出典:youtu.be

ルーカスは心配そうに男性の顔をのぞき込みます。男性は愛犬を安心させつつ鼻先を優しく押し、向うで待つようにと促すのですが、ルーカスは飼い主のことが心配でたまりません。移動する男性を追っては寄り添うのです。

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook