サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「この手で犬を抱きしめたい」事故で脳を損傷した少年に奇跡を起こしたセラピー犬

Pocket

「この手で犬を抱きしめたい」事故で脳を損傷した少年に奇跡を起こしたセラピー犬

ユタ州に住むカレブ・ハワード君は、悲惨な交通事故に巻き込まれ病院に運び込まれました。命は取り留めたものの、全身骨折と脳の損傷がひどい状態で、意識もありません。
医師や家族からの呼びかけにも応えることはなく、長い間、植物状態になってしまうのです。

その後、医師の賢明な治療によりカレブ君の意識は回復したものの、運動機能が低下しているため歩くことはもとより、何かを掴むことすらできません。

カレブ君は交通事故の強い衝撃により、体だけでなく心にもダメージを受けてしまい、生きる気力すら失っていました。

しかし、両親は諦めませんでした。セラピー犬という人間を癒すために特別な訓練を受けた犬に一縷(いちる)の望みを託します。

カレブ君の元に、ゴールデンレトリバーのセラピー犬「カーネル」が連れてこられました。ここで1つ目の奇跡が起きます。

今まで、医師や家族に対して何の反応も示さなかったカレブ君でしたが、彼の瞳がカーネルをじっと見つめ続けたのです。両親は、カレブ君がこのセラピー犬によって回復していくことを確信します。

セラピー犬はそれから何度も病院を訪れ、少しずつカレブ君の生きる気力を高めていきました。セラピー犬の癒し効果によって、カレブ君はカーネルが側にいてくれれば、周囲からの声かけにも反応するようになります。

そしてある日、2つ目の奇跡が起きました!リハビリルームで横になっているカレブ君に、カーネルが寄り添っているときのことです。

カレブ君の心に「カーネルを抱きしめたい!」という強い欲求が湧きあがってきたのでしょう。
右手をスッとカーネルの体にのせたかと思うと、優しく体を撫で始めたのです。さらに、右足をカーネルの上に乗せることまでできました。

その場にいたセラピストや作業療法士、なによりご両親はどれだけ嬉しかったことでしょう。
きっと、カーネルも心の底から喜んでいたと思います。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook