サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

挨拶大事やから。町中の人々に挨拶をするため10年以上巡回する犬

Pocket

挨拶大事やから。町中の人々に挨拶をするため10年以上巡回する犬

アメリカのミネソタ州にある小さな田舎町では、10年以上にわたり町内巡りを日課にしている犬がいる。子犬の頃から散策が好きだったその犬は、帰る家ができてからも地域の人々との交流を欠かさず、長い距離を歩き挨拶を交わし帰宅する日々を送っている。
 
 最近では町の大使として公式に認められ、ネット上でも注目を集めている。

アメリカのミネソタ州にある人口およそ150人の小さな町、ロングビルには6.5kmもの距離を毎日のように1匹で散歩する犬がいる。

彼の散歩歴は12年間続いており、町内の人々がその姿に声をかけるほどのキャリアを持つ。

町の人気者ブルーノ

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook