サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ブルドッグが犬種存続の危機?無理な品種改良と繁殖が生んだツケとは

Pocket

ブルドッグが犬種存続の危機?無理な品種改良と繁殖が生んだツケとは

日本でのブルドッグの飼育頭数は、ジャパン・ケネル・クラブの2015年度の発表によれば1022頭。28番目によく飼われている犬種です。

一方、近年におけるアメリカでのブルドッグの人気ぶりには目を見張るものがあります。アメリカン・ケネル・クラブの2015年の発表では、ブルドッグは人気犬種の4位に。

ブルドッグが初めて人気犬種のベスト10入りをしたのは、2007年のこと。それ以降少しずつ順位を上げ、ここ数年はベスト5入りするぐらいの人気です。ブルドッグの爆発的人気は、ここ10年ほどで起きたようです。

思えばこの人気の兆候はすでに著者が渡米した2005年に、その片鱗を見せていたようです。周りのアメリカ人からブルドッグが飼いたいという話をよく耳にするようになったからです。

ブルドッグは素晴らしい家庭犬だと思います。

しかし、万人受けする容姿とは言い難いイメージがあったので、ちょっと意外だったのを覚えています。

また、他の犬種の仔犬が平均500から1000ドルほどでブリーダーから入手できるのに対し、ブルドッグは約2000ドルが相場でした。

高額にも関わらず、需要は増え続けたようです。

今年に入って友人もブルドッグを飼い始めました。身近にブルドッグを飼う人が出てきて、ブルドッグは本当に人気があるのだと実感しました。

そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの人気犬種ブルドッグですが、その人気故に存続の危機が懸念されています。

Canine Genetics and Epidemiology journalのレポートによると、同系(近親)交配が多過ぎたために、将来的に健康なブルドッグの子犬が生まれにくくなるかもしれないのだそうです。

ブルドッグに詳しい方は驚かないでしょうが、ブルドッグは様々な健康問題を抱える個体が多い傾向にあります。

たとえば、腰の異常形成やチェリーアイ、アレルギー、心臓疾患などが主にこの犬種によくみられます。

現在の姿のブルドッグを生み出すまでに繰り返されてきた交配は、より多くの人を惹きつけるのには有効的であったかも知れません。

しかし、必ずしも必要であったわけではないのです。

カリフォルニア州立大学デイビス校の教授の話では、ブルドッグにおける健康問題の数々は、彼らの身体の構造と同系交配によるところが大きいとしています。遺伝子的に多様性が少ないことが原因です。

遺伝子が多様であると、遺伝子型(生物に内在する遺伝子の構成)や表現型(肉眼で見える生物の形成)を正したり、

有害な劣性突然変異を排除したり、身体の構造や皮膚を変化させたりすることが可能なのです。

研究では、ブルドッグによくある健康問題は同系列の父犬・母犬から発生していることが多いことを突き止めています。

この問題は、利益に走った一部のブリーダーやパピーミルが生み出した負の産物だといえるでしょう。

研究者によって、ブルドッグのゲノムは数百年で大きく変化しており、そのほとんどは体形や容姿にまつわるものだということも分かりました。

特に過去20年における変化は著しいものがあります。

ブルドッグはよりガッチリした体形で、より短い口吻であることが好まれるようになりました。

その過程において、健康である個体を繁殖することが蔑ろにされてしまったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook