サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ガンと闘いながらの恋 12歳の少年と少女がお互いを支える

Pocket

ガンと闘いながらの恋 12歳の少年と少女がお互いを支える

多くの人に感動を与えたラブストーリーを紹介します。ニューヨークに住む12歳のステラは、ルーカス・ローと恋に落ちました。

楽しいことも、悲しいことも含め、2人には共通していることがたくさんありました。

2人が出会ったのは病院です。そこで、ともに急性リンパ性白血病の治療を受けていました。

急性リンパ性白血病とは、一般的に「血液のがん」といわれる白血病の1つで、発熱、関節痛、疲労感、むくみ、吐き気などを伴い、症状が悪化すると出血症状などが出やすくなる辛い病気です。

ステラとルーカスは、これまでさまざまな病院で放射線治療や、激しい痛みを伴う骨髄穿刺にも耐えてきました。

骨髄穿刺とは、腰にある腸骨に針を刺して、骨の中にある骨髄組織をとる検査です。

2人は出会ってからすぐに仲良くなり、闘病中に落ち込むようなときがあればお互いを励まし合いました。

やがて、思春期を迎えた2人の関係は、初恋へと変化していきました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook