サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

警察署に1人の男性が訪れ、1枚の古い写真を取り出した。そこに写っていた少年を見て職員はすぐさま電話を手を伸ばした。

Pocket

警察署に1人の男性が訪れ、1枚の古い写真を取り出した。そこに写っていた少年を見て職員はすぐさま電話を手を伸ばした。

2015年2月14日、ソウル・西大門警察署を1人の日本人男性が訪れました。

彼は1枚の写真を取り出すと、つたない韓国語で写真に写っている警察官を探してほしいと頼みました。

この日本人男性の名前は、鳥取和道さん。写真は2005年に撮られたもので、当時9歳だった息子が警察官と並んで写っているものでした。

11年前、鳥取さん一家は家族旅行でソウルを訪れていました。

そのとき、鳥取さんの息子が交番の前で写真を撮りたいと言い出したため、たまたま通りかかった若い警察官にお願いしたそうです。

その警察官の男性はそれを快諾し、パトカーをバックに写真を撮ってくれることに。

警察官の男性は、そのとき自分の警察帽を脱いで鳥取さんの息子の頭にかぶせてくれました。

この1枚の写真が、鳥取さんの息子の将来に大きな影響を与えることになります。

机の上に大切に飾られていた写真を眺めながら、少年は警察官になりたいという夢を抱き始めます。

その夢はやがて形となっていきました。

高校3年生のときに警察官採用試験に合格。そして2015年の3月に警察学校を卒業し、晴れて警察官となったのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook