サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

国内わずか2頭 病気の子ども達に勇気と癒しを与えるファシリティ・ドッグ

Pocket

国内わずか2頭 病気の子ども達に勇気と癒しを与えるファシリティ・ドッグ

小児がんは、大人のがんに比べれば患者数は少ないものの、子どもの病死順位の第1位を占めます。

毎年2,000から2,500人の子どもが小児がんと診断され、今も全国で13,000人近い子どもが小児がんと闘っています。

医療の進歩により、小児がんは治る病気になりつつあります。

しかし、治療には長い入院生活は避けられず、隔離された病院での生活は子どもたち、そして家族にとっても大変過酷なものです。

そのため、病気によって生じる身体的な痛みはもちろん、入院や治療に伴って生じるさまざま負担を軽減するためのケアが求められますが、

日本では高度な医療を受けられる一方、小児がんの子ども達と家族のための心理社会的サポートが欧米に比べて少ないとされています。

そんな中、小児がんや重い病気を患っている子どもたちとその家族の心のケアのための活動を行う認定NPO法人「シャイン・オン!キッズ」が実施している

日本初の「ファシリティドッグ・プログラム」が注目を集めています。

シャイン・オン!キッズ(旧タイラー基金)は、東京に住んでいた外国人夫妻

マーク・フェリスとキンバリー・フォーサイス・フェリスが、息子タイラーを記念して2006年に設立した団体です。

タイラーは、生後1か月未満で急性リンパ性白血病を発症し、日本の病院で懸命の治療を続けましたが2歳を目前に短い生涯を閉じました。

つらい闘病生活でも笑顔を絶やさなかった、強く元気な男の子でした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook