サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

60年前に生き別れた夫から、妻のものとに彼の死後プレゼントが届けられる

Pocket

60年前に生き別れた夫から、妻のものとに彼の死後プレゼントが届けられる

マリヤ・ザラティッチは夫のモムチロとは60年近く顔を合せていません。

その昔、さまざまな事情が重なり、2人は離ればなれになってしまったのです。

セルビアの森の中の小さな小屋に1人で住むマリヤは、月々1万円もかからない慎ましい生活をもう数十年続けています。

そんなマリヤのもとに、ある日過去からとんでもない知らせが届けられました。

マリヤがモムチロと結婚したのは1956年のことでした。同じ年、2人は新しい生活を求めてセルビアからオーストラリアに移住します。

地球を半周、生まれた町さえ出たことのない2人にとっては、とても大きな冒険でした。

モムチロは大工の仕事を見つけ、やがて夫婦はオーストラリアの市民権を取得します。新婚の2人は、刺激に溢れた幸せな毎日を楽しんでいました。

しかしオーストラリアに来てから18か月後、マリヤの元に母が危篤との連絡が入ります。

マリヤはセルビア行きの旅券を手配し、モムチロを1人残して船で故郷へと急ぎました。

これが2人にとって永遠の別れになるとは、知る由もありませんでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook