サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

傷ついた犬がどうしても守りたかった大切なもの。それは彼女が生んだ、小さな命たちでした。

Pocket

インドは野良犬の数がとても多い国です。

野良犬を救おうと日夜活動する団体がある日、怪我をしてしまった母犬を発見しました。

その母犬は、血を流しながらも、大切に生んだ子どもを育てようとしていました。

傷を負っても大切に育てようとした小さな小さな命

出典:www.youtube.com

ある日アニマルエイドの団体がゴミ溜まりに犬がいる事を発見しました。

かなり劣悪な状況にあります。

出典:www.youtube.com

近くに寄ってみると子犬もいます。

母犬だったのです。

劣悪な環境ですがそこを動く事はしません。

出典:www.youtube.com

理由は、ガラスを踏んでしまい脚にケガをしてしまっていました。

ケガした状況でも子供の近くから離れません。

母親としての責務を全うしていたのです

次のページでは不安な顔をして子育てに臨んでいた母犬が保護され

安堵の表情で子育てに取り組んでいく姿を紹介していきます

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook