サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

アル中の父からの虐待で死に至る直前、8歳の少女がウイスキーブランド宛てに手紙を書いた

Pocket

アル中の父からの虐待で死に至る直前、8歳の少女がウイスキーブランド宛てに手紙を書いた

欧米では「子どもと愚者は本当のことを言う」という諺があります。この幼い少女が綴った真実の言葉は心に深く突き刺さります。
ジャックへ
この手紙のことはお父さんには内緒にしてね。怒り出すかもしれないから。お母さんは誰のことも嫌ってはダメよと言うけど、でもあなたのことはどうしても嫌いなの。

お願いがあるの。どうか私たちの生活から出て行って。

お父さんはあなたのせいで仕事を失った。請求書を支払うために家を売らなければならなかった。

仕事がないから私とお母さんの食べるものを買うお金がなかった。お母さんは何回も食事を抜いてきたんだと思うわ。私が食べられるようにって。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook