サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

新しい飼い主が見つかるまで犬小屋で過ごすことを決めたシェルター職員

Pocket

新しい飼い主が見つかるまで犬小屋で過ごすことを決めたシェルター職員

ブルマスティフという犬種のラナは現在4歳。アリゾナ州動物福祉リーグが管理するシェルターに保護されています。ラナが最初にシェルターに保護されたとき、まだ子犬でした。

子犬なので、すぐに新しい家族に引き取られましたが、彼らは長くラナのことを家に置いておくことができませんでした。

ラナはまたシェルターに運ばれてしまいます。まだまだ子犬のラナは、新しい家族を見つけることはそこまで難しいことではありませんでした。しかし3年後、この家族はラナのことをまたシェルターに持ってきたのです。

責任を果たさない飼い主に振り回されて、可愛そうなラナ。

何度もシェルターに戻されるラナをみて、シェルターでも犬の飼育放棄に関して問題視するようになりました。

ラナに対して辛いことでしたが、新しい家族を見つけることは彼女にとって難しいことではありません。ラナは前にきちんと家族がいた犬だったからです。野良犬とは違います。

しかし、ラナは新しい飼い主が見つかることもなく4カ月をこのシェルターで過ごしてしまいました。

ラナは2度も飼い主に捨てられたことにとても落ち込んでいるように見えました。シェルターで働く一人の職員は、落ち込む彼女を放っておくわけにはいきませんでした。

ラナに新しい家族ができるようにと、ラナに注目を集める工夫が考案されました。ラナのことを心配していたシェルター職員のホイットニー・スティールさんは、ラナに新しい飼い主が見つかるまでラナと一緒の犬の官舎で過ごすことを決めました。

ホイットニーさんは、このシェルターでイベントやボランティアのディテクターを務めています。彼女はこのちょっと変わった取り組みを本気でやるつもりでした。

1日24時間、彼女はラナと同じ犬の官舎に入って一日を過ごします。

ホイットニーさんはラナと一緒に犬の官舎で過ごすうちに、ラナがそこでどんな暮らしをしているのか分かるようになりました。シェルターは素晴らしい施設ですが、愛してくれる家族がいる家以上に居心地のいいものではないということです。

一晩ラナと一緒に過ごして、ホイットニーさんはラナが家にいたときと同じように安心できる環境を作ろうと配慮しました。前の家族に捨てられてからラナは、4カ月以上もこの犬小屋での生活を続けてきたからです。

ラナに寄り添うことを忘れないホイットニーさんは、素敵なシェルターの職員ですよね。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook