サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

空き家に置き去りにされた2頭の犬・・絶望の中で見せたある”仕草”に涙がこぼれる

Pocket

空き家に置き去りにされた2頭の犬・・絶望の中で見せたある”仕草”に涙がこぼれる

アメリカのニューヨークを中心に活動している動物保護団体の『Guardians of Rescue』。

通報の内容は、「数日前に、隣人が何らかの事情を抱えて引っ越したにも関わらず、夜になると犬の声がする」というものでした。

リーダーのフランキー・フロリディアさんと女性スタッフを含む数人が現場に入ったとき、あまりにも可哀想な状況に心が粉々になる思いだったと言います。

彼らが目撃したのは、オスとメスのピットブルでした。がらんとしたフローリングの上で絶望のあまり表情を失ったオス。メスはケージに入れられたままの状態でスタッフを見つめていたのです。

当然ながら犬の排せつ物で部屋は汚れ、強烈な臭いが部屋中に漂っていました。こんな状態の中で2頭は何日も放置されていたのです。

すぐにでも犬を救助したいのは山々ですが、どんな飼い主でどのように犬を飼育してきたのかがわからない以上、むやみに近づけば攻撃される危険性があります。

リーダーのフロリディアさんは、2頭の犬にそっと声をかけ、ゆっくりと近づいていきます。
すると、オスのピットブルは、力なく尻尾を振りながらリーダーの足元にすり寄ってきたのです!

飼い主に見捨てられるという、犬にとってもっとも悲しい虐待を受けたにも関わらず、2頭のピットブルは攻撃するどころかスタッフを受け入れたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook