サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

台風で女性が失った家がボランティアが一日で再建される!その後景におばあちゃんは涙します

Pocket

台風で女性が失った家をボランティアが一日で再建

台湾はしばしば大きな地震や洪水に見舞われます。

2016年の7月初めに台風1号が台湾にやってきた際は、少なくとも83名の方々が亡くなっただけでなく、大勢の人が生活に大きな影響を受けるという深刻な被害が発生しました。

これらの写真を見れば、いかに被害が甚大なものだったかがわかります。

台湾南部の屏東県に住むチャンさんも被害者の一人です。

彼女の家は台風による暴風雨と洪水によって倒壊し、家財道具をすべて失うこととなりました。

この家で一人暮らしだったチャンさんは、たった一日で、住むあてもないホームレスとなってしまったのです

そんな状況の中で希望を失いかけていたチャンさんの元にやってきたのが、慈善団体として活動しているフォルモサ・チャリティー・グループのメンバーでした。

彼らは今、台湾で発生した地震や洪水によって家を失った人々のために、無償で家を再建するという活動を行っています。

1999年の設立以降、フォルモサは数えきれないほどの自然災害による被害者を救済してきました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook