サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

病院にいる親友への腎臓提供をサプライズでお知らせ!親友は泣きながら笑います

Pocket

病院にいる親友への腎臓提供をサプライズでお知らせ!親友は泣きながら笑います

グラハム・マクミランは、彼の一番大切な友人に特別なプレゼントを用意していました。

たくさんの黄色い風船と手作りのこのパネルを手に、アメリカのテキサス州にあるバイロー・オールセインツ・メディカルセンターで働く看護師、

ダニー・コルゾーの元に抜き足差し足で歩いていきます。 彼の持っているパネルにはこう書いてあります。

「おしっこには腎臓がいるんだってね。俺のいる?」

テキサス州フォート・ワースに暮らすグラハム・マクミランとダニー・コルゾーは親友です。

看護師として働くダニーは、腎臓の機能が低下してしまう遺伝的な疾患を抱えていました。

ダニーがグラハムに、自身の健康状態が悪化しつつあり、移植リストに名前を載せなければならないことを伝えたところ、

グラハムは親友がビックリするようなことをしてみせました。彼はダニーに秘密で検査を受け、自分の腎臓がダニーに適合することを確認していたのです。

ダニーの命を救えるならと、グラハムは腎臓を提供できることを喜びました。

「ハイ、僕はグラハム・マクミラン。僕は今日、友人のダニーの腎臓提供者になれるということがわかりました。

彼は腎臓をずっと探していたんだけど、今日、僕の腎臓が適合するという結果をもらいました。

だから、今日ダニーを驚かせようと思います」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook