サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ひどい虐待を受け続けた少女が傷をいやすまでの長い道のり

Pocket

ひどい虐待を受け続けた少女が傷をいやすまでの長い道のり

べス・トーマスは、わずか1歳のときに母親を亡くしました。

その後、彼女はまだ生まれたばかりだった弟のジョナサンとともに、暴力的な父親のもとで暮らすことになります。

2人の兄妹は育児など全く見向きもしない父親とともに、まるで地獄のような日々を送りました。

特にべスは、この父親からずっと性的暴行を受け続けていました。

やがてべスが1歳半になった頃、2人にようやく救助の手が届けられます。

兄弟はある夫婦に引き取られ、養子として生活するようになりました。

このとき生後7カ月ほどだった弟は、後頭部が完全に平らになっており、頭を持ち上げることすらできませんでした。

これは産まれてからずっとベビーベッドの中に寝かされたまま放置されていたからだということです。

また、べスもずっと悪夢にうなされる日々が長く続いたといいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook