サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

闘犬のために犠牲にされるベイト犬、彼が人間の顔を舐めることができなかった理由とは?

Pocket

闘犬のために犠牲にされるベイト犬、彼が人間の顔を舐めることができなかった理由とは?

アメリカはオハイオ州の動物愛護団体Animal Charity of Ohioに酷く傷付いたピットブルが持ち込まれました。
職員たちはその犬が人間の愛情に飢えている様子を見て、特に驚きはしませんでした。

ところが、そんな保護犬の性格にも関わらず、彼が職員たちの顔に口を近付けるものの、一向に舐めようとはしない様子に、何かが変だと気付いたのです。
その犬が顔を舐めることができない理由、それは、彼には舌がなかったからです。

保護された時は、闘犬と思われていたその犬は、ベイト・ドッグだったことが分かりました。
(ベイト・ドッグとは、闘犬の際に二頭の犬の間に餌食としておかれ、競争心を煽らせるための犬のこと。)

バブルスと名付けられたその犬が、酷く苦しんできたことに疑いの余地はありません。

しかし、彼のそんな惨めな生活も終わりました。

どん底にあった彼の人生は、彼が夢見ていた以上に人間から愛情を受ける人生へと好転するはずです。

バブルスは現在、彼に必要なケアと愛情を惜しまない家族を待ち望んでいます。

アメリカで闘犬は動物虐待に当たるとして、全米50州で法律で禁止されています。
それでも闘犬ビジネスがなくならないのは、手軽にギャンブルを始めることができるからと言われています。
一晩で2万ドルから3万ドルを手にすることも珍しくはないのです。

また、強い闘犬の種付けや仔犬を販売することでも、多額のお金が動きます。
こうして得られたお金は、ギャングやマフィアの資金源になっています。

闘犬ビジネスがなかなか摘発されにくい理由は、闘犬が屋外ではなく、自宅の地下や倉庫など屋内で行われるからです。

金銭目的で飼われた闘犬たちに飼い主たちは、普通のペットが当然のように享受する愛情を注ぐことはありません。

負けが続く犬や絶望的な負傷を負った犬たちは、撲殺や銃殺されるなど非人道的で悲惨な最期を迎えるのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook