サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

腕の無い2歳の女の子。他にも足りないものがあることを、両親は知らなかった。

Pocket

腕の無い2歳の女の子。他にも足りないものがあることを、両親は知らなかった。

この子の名前は、スカーレット・ティップトン。2歳になったばかりですが、これまでに多くのことを経験してきました。

誰も経験したくないようなこともです。スカーレットは、右腕よりも3倍も大きな左腕を持って生まれてきました。

「未分化紡錘細胞肉腫 (Undifferentiated Spindle Cell Sarcoma)」と呼ばれる悪性の腫瘍で、

放っておけば正常細胞が次々がん細胞へと変化し、増殖してしまう恐れがありました。

彼女の命を救う手術が行なわれたのは、2014年10月、スカーレットが10か月のときでした。

腫瘍を取り除くため、肩、鎖骨、肩甲骨が切除され、傷口には皮膚移植が施されました。

19回以上の手術と長い病院生活を乗り越えてきたスカーレットは、1歳になっても1人で立ち上がることも歩くこともできませんでした。

いつ頃からかスカーレットの両親のシモーヌとマシューは、娘には友達が必要だと考えるようになります。

どこかに、彼女の気持ちを分かってくれるような良い友達はいないかと、探し始めたのです。

「スカーレットが共感できて、一緒に成長していける友達」を探し始めてから6か月後、シモーンとマシューは一匹の子猫に出会います。

2人が見つけたのは、クリスマスの1週間前に瀕死の状態で救出された子猫でした。

「ホリー」と名付けられた子猫は、右の前脚がずたずたに引き裂かれ、足の先が体からぶら下がった状態で発見されたそうです。

暖を取ろうとして車のファンベルトに挟まれてしまったか、車に引かれてしまったと考えられました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook