サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ボールのように腫れ上がった顔の保護犬が可愛らしい顔を取り戻すまでの5ヶ月間

Pocket

ボールのように腫れ上がった顔の保護犬が可愛らしい顔を取り戻すまでの5ヶ月間

2016年1月、イタリアの海岸沿いの街サルディーニャで、一匹のメス犬が保護され獣医に引き渡されました。ピットブルと思われる保護犬の顔は、大きなボールぐらいの大きさまで腫れ上がっています。

女性獣医は日頃から動物保護や治療を専門としているので、ほとんどの保護犬の状態に驚くことはないのですが、さすがにこの子の状態を診たときには絶句したといいます。

保護犬の首には、荷物を縛るようなナイロン製の紐ががっちりと食い込んでいたのです。首の肉からは血が出ていました。

おそらく子犬だった頃に、ナイロン紐を首輪代わりに巻きつけられていたのでしょう。
犬の成長と共に紐はきつすぎる首輪になり、さらには首を強く締め付ける凶器と化してしまったのです。

一度は人間が関わった証拠でもあるナイロン紐は、保護犬の首の肉に食い込んでいき、頭部への血流が悪くなった結果、顔がパンパンにむくんで変形してしまったのでした。

獣医は、この子にイタリア語でボールを意味する「パッラ」と名付け、手厚い治療を始めます。
レントゲンを撮ってみると、紐は皮膚だけではなく筋肉にまで食い込んで、深刻な組織繊維症を起こしていました。

保護犬は、相当な痛みを抱えたまま大きくなったと思われます。

子犬を捨てた飼い主が、今のパッラの姿を見たらどう思うのでしょうか?もし、同じように自分がされたらどう感じるのでしょうか?

犬と人間の命に優劣はないはずです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook