サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

虫を食べて生き延びてきた子猫が保護され、生まれて初めて食べ物の味を知る。

Pocket

虫を食べて生き延びてきた子猫が保護され、生まれて初めて食べ物の味を知る。

今年の6月、ある女性が駐車場にて瀕死状態の子猫を発見し、保護しました。
子猫は生後4~5週間ほどでしたが、近くに母猫の姿はなかったそうです。

女性が子猫を発見した際、側には子猫のものと思われる糞が落ちており、その糞にはコガネムシのような甲虫類の死骸が混ざっていたそうです。

恐らく、食べるものが無くてお腹を空かせていた子猫は甲虫類を食べて生き延びてきたのでしょう。
女性は子猫を抱きかかえるとそのまま自宅へと連れて帰り、子猫のお世話をし始めました。

家に着くと、女性はまず初めに子猫に餌を与えました。
虫の味しか知らない子猫を可哀想に思った彼女は、キャットフードに白身魚を細かく刻んだものと小エビを混ぜて与えたそうです。
子猫にとっては初めてとなる食事。
子猫はそれを口にすると嬉しそうな表情を見せ、全てたいらげてしまったそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook