サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

村の住人はこの少女は呪われていると言う。なぜなら少女はバケツの中で生きなければならないから。

Pocket

村の住人はこの少女は呪われていると言う。なぜなら少女はバケツの中で生きなければならないから。

ナイジェリアの北部カノに暮らす19歳のラーマ・ハルナは、きらきらした目を持つ明るく若い女性です。

しかし同時に彼女は逃れられない困難の中で生きています。

彼女は病気で、そのために一家の生活も大きく変わってしまったといいます。

未発達ままの腕と足を持つラーマは、これまでの人生をずっとプラスチックのバケツの中で生きてきました。

ラーマが健康な赤ん坊としてこの世に誕生したとき、このような病気を患うことになるとは誰も予想していませんでした

ラーマが6ヶ月のとき、突然高熱と腹痛に見舞われたのがすべての始まりでした。

その後、ラーマの手足の成長が突然止まってしまったのです。

それからの18年間、自分で自由に身動きがとれない状態のまま彼女は生きてきました。

毎日、ラーマの10歳の弟のファハドが彼女を青いバケツに入れて村に連れて行き、そこで彼女は物乞いをしています。

ラーマの家族はとても貧しく、娘のための薬代もままならない状態なのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook