サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

息子を埋葬しなければならなかった。でも5年後、この見知らぬ顔に出会った時にすべてがつながった。

Pocket

息子を埋葬しなければならなかった。でも5年後、この見知らぬ顔に出会った時にすべてがつながった。

アメリカ人夫婦のデイブとジェーン・ドールトンの物語は幸せな結末を迎えますが、ある悲しい出来事から始まります。

1984年、すでに5人の子どもがいた夫婦は、6人目のトミーの誕生を予定していました。

しかし2人は、お腹の中にいる息子がダウン症であることを知ります。

デイブとジェーンは、障害のある子どもを持つ生活は簡単なことではないと理解していましたが、2人の間に授かった命を受け入れなければならないということをわかっていました。

トミーは、2人の自慢の息子です。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook