サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

超未熟児の赤ちゃんに恋した犬の物語。まるで本物の兄妹みたいな二人にほっこり

Pocket

超未熟児の赤ちゃんに恋した犬の物語。まるで本物の兄妹みたいな二人にほっこり

予定日より3か月ほど早く生まれてしまったアディーちゃんは、病院で数カ月療養する必要がありました。

この家族が飼っている子犬の「ジェイペグ」は、新しい妹ができるのを心待ちにしていましたが、しばらくの間アディーちゃんに会うことができませんでした。

アディーちゃんに会えるまで彼女をくるんでいたブランケット寝ていたジェイペグ。

そして、一緒に暮らし始めた今。誰も二人のことを離すことはできません!!それくらい仲良しの兄妹になりました。

ジェイペグ自身は、今にも壊れそうなほど小さくてかわいいアディーちゃんにそっと寄り添い守りながら、ときどきキスをしてあげます。

彼女が病気になったときは駆けつけてくれますし、彼女が泣けばそっとキスをしてくれます。アディーちゃんには特別優しいお兄ちゃんです。

ジェイペグは3か月の時に、ペンシルバニア州にある妊娠した犬専用の動物保護施設からダ―フィー家族に引き取られました。

ジェイペグを引き取ってからそんなに間を開けずに、ダ―フィー家族にはアデリーンという名前の赤ちゃんが生まれました。

しかし、彼女は14週も早く生まれてきていまいました。体重もわずか2ポンド(約900グラム)未満の超未熟児。

彼女はすぐに新生児集中治療室(NICU)に入れられました。そして、約8か月の入院生活を余儀なくされたのです。

ジェイペグがようやくアディーちゃんに会えたのは、ジェイペグが1歳になった頃でした。

出会ってすぐから、ジェイペグはアディーちゃんにメロメロ。

アディーちゃんのお母さんのステファニーさんは「ジェイペグはアディーが家にやってきてすぐに彼女に恋しちゃったの」と微笑ましく話します。

アディーちゃんがNICUに居る時に、アディーちゃんをくるんでいたブランケットを家に持って帰っていったというステファニーさん。

家に帰るなりジェイペグは大興奮!ブランケットを取るとにおいを嗅いでそのブランケットの上で寝てしまいました。

そのときはまだ未熟児だったアディーちゃん。さまざまな感染症や合併症になる恐れもあったためNICUから出ることもできず、ずっと栄養チューブにつながれていました。

でも、ジェイペグにはそんなこと関係ありません。ただ、ただ可愛い妹のアディーちゃんに会えるのを心待ちにしていたんでしょうね。

そんな大好きなアディーちゃんにジェイペグが最初に会えたのは、ジェイペグが一歳の時。

体は大きくなっても、気持ちはまだまだやんちゃな子どもでした。興奮して駆け回っていたのが想像できます。

お母さんのステファニーさんも心配でそんなジェイペグにアディーちゃんを近づけることはできないですよね。

でも、2度目にアディーちゃんとジェイペグを会わせた時、ジェイペグはまるで違う犬のように落ち着いていました。

ステファニーさんは「ほんとうにジェントルマンだった」と言っています。

ジェイペグはアディーちゃんのお守りを引き受けてくれたのです。

アディーちゃんのいる部屋のドアを見張っていて、誰か見知らぬ人がアディーちゃんに近づこうとすると間に入ってアディーちゃんを守ろうとします。

まだ1歳のジェイペグが、赤ちゃんを守ろうとするなんてほんとに可愛いですよね。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook