サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

失明した妻の笑いが消えた後、夫は20年間土を掘りつづけた。その色鮮やかな目標に日本中が感動した。

Pocket

失明した妻の笑いが消えた後、夫は20年間土を掘りつづけた。その色鮮やかな目標に日本中が感動した。

これは真実の愛の物語です。

宮崎県児湯郡新富町には、毎年春になると新聞やテレビで紹介される一軒の個人宅があります。

新富町の小さな観光スポットとなっているのは、黒木邸です。

4月になれば、この家のある庭一面に咲き誇るシバザクラを目当てに、県内外から多くの見物客が訪れます。

庭の維持管理はこの家の主人、黒木敏幸さん(86)が今でも1人で行なっています。

笑顔が素敵な妻の靖子さん(76)は、この庭のマスコット的存在。

しかし靖子さん、実は色鮮やかな濃いピンクが一面に広がる光景を一度も見たことがないのです…。

その理由、そしてこのシバザクラの庭の成り立ちの物語を知って、日本中が涙しました。

黒木夫妻は昭和31年(1956年)にお見合い結婚しました。

畑作での生活は収入が少なく、苦しかったものの、明るくおしゃべり好きな靖子さんのおかげで小さな家庭には笑顔が絶えなかったといいます。

やがて3人の子どもに恵まれた夫婦は、乳製品の需要が高まった時代の流れと共に畑作から酪農へと切り替えました。

家族で営む酪農はかなりの重労働です。

朝2時に起きての掃除、餌やり、乳搾り、飼料づくり。365日、休みはありませんでした。

旅行に行く暇などない働き詰めの生活は20年続きましたが、互いを支え合った夫婦は、

やがて乳牛60頭を養うまでになり、子どもたちも立派に成長して巣立っていきました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook