サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

人に酷使され働くことをボイコットした象。第二の人生で人間の愛情と掛け替えのない親友を得る

Pocket

タイのチェンマイで、何十年も観光客の乗り物として働いていた象の「メー・カム」。メー・カムはある日を境に背中に乗った観光客を振り落とし、働くのを拒否するようになりました。その度にメー・カムは、象使いに鋭いびょうがついた竹棒で打ちつけられます。それでもメー・カムは働くことを拒否し続けたのでした。


メー・カムの人生は「働くこと」だった

メー・カムの人生は「働くこと」でした。観光客用の象として働かされる前は、37年もの間タイの木材産業で働かされていました。来る日も来る日も、ひたすら重たい材木をジャングルから運び出していたのです。
 
その後、観光客を乗せる日々を送っていた彼女は2頭の子どもを妊娠しました。悲しいことに1頭は死産で、もう1頭は生まれてすぐにコブラに咬まれて死んでしまったのです。メー・カムは自分の子どもがコブラに咬まれる現場を見て、叫び声をあげたといいます。必死で子どものそばに行こうとしたのですが、メー・カムの足は鎖でコンクリートに括り付けられ動くことができません… オーナーが鎖を外してやると、メー・カムは子供を守るため駆け出していきました。しかし時はすでに遅く、子どもはコブラの毒で死んでしまったのです。
 
それ以来、メー・カムは誰であろうと、そばに来ようとする者に突進するようになってしまいました。

「BEES(バーム&エミリーの象の保護施設)」は観光業界から引退した象を保護する目的で2012年にタイに創設された保護施設です。BEESの共同創設者であるエミリー・マクウィリアムさんとバーム・リンカウさんはメー・カムのことを聞きつけ、オーナーにメー・カムを「象乗り」から引退させてやる気はないかどうか尋ねました。
 
最初、メー・カムのオーナーは手放すことを渋りました。しかし仕事を拒否するメー・カムを抱えてどのように暮らしていけばいいのか途方に暮れていたのも事実。そこで、マクウィリアムさんとリンカウさんはオーナーにとある提案をしました。それは「メー・カムを借りるということにして、レンタル代を支払う」というものでした。この代案にはオーナーも満足げに同意したといいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook