サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

右手がないため、生後20日で捨てられた男の子に起こった奇跡の巡り合い

Pocket

右手がないため、生後20日で捨てられた男の子に起こった奇跡の巡り合い

カザフスタンの孤児院に住む少年キリル。

キリルがここに来て4年が経ち、
職員たちはもう彼を引き取ってくれる里親を見つけるのは難しいと考えていました。
キリルには生まれつき右手がありません。

そのために彼は生後20日目で両親に捨てられ、ここにやってきたのでした。
もう、このカザフスタンで彼を引き取りたいと申し出る里親はいません。

孤児院で過ごす寂しく、悲しい日々。

それは、毎回他の孤児が引き取られていく度に増して行きます。
しかし、ある夫妻との出会いで、キリルの運命が劇的に変わることとなります。

カナダからやってきて孤児院を訪れたデイブとレスリー・フェイシー夫妻。
二人はキリルを見て、すぐに運命的なものを感じました。
しかし、それに対し孤児院側は、
「本当に手が一つしかない子供が欲しいのですか?」
と、止めようとしたそうです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook