サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

少女はゴミをかき分け、そこにかわいそうな子猫を発見した。その後に起こったことは、おとぎ話のよう。

Pocket

少女はゴミをかき分け、そこにかわいそうな生き物を発見した。その後に起こったことは、おとぎ話のよう。

この傷ついた子猫は、イスタンブールの人通りの多い路地に置かれたゴミ箱の中で、弱々しく鳴き声をあげていました。

いつからそこにいたかは分かりません。

イスタンブールの人口は14oo万人。人通りの多いこの路地の喧騒にか弱い鳴き声は搔き消され、一人としてこの子猫の存在に気づかなかったのです。

子猫を発見したのは、7歳の女の子でした。

ごみための中から聞こえてくる鳴き声を辿ると、そこには傷だらけでぼろきれのような子猫が懸命に声を上げていました。

女の子は子猫を拾い上げ、父の元へと急ぎました。医者の父ならこの子を助けることができるかもしれないと考えたのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook