サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

看護師は彼を止めることはできなかった。血が流れ出るようになってはじめて彼は尻尾を振るのをやめた。

Pocket

看護師は彼を止めることはできなかった。血が流れ出るようになってはじめて彼は尻尾を振るのをやめた。

マサチューセッツ州ブロックトンに拠点を置き、動物の権利を訴えるために活動している団体ではある日、
これまでに見たこともないような状態の犬と出会いました。
彼らのもとに運び込まれた犬は、見るも悲惨な状態でしたが、まだしっかりと生きていました。
どうやら、傷だらけの状態で道をさまよっていたようです。
団体の職員たちははじめ、この犬の診察を行うどころか近づくこともなかなかできなかったといいます。

獣医はまず、この犬の傷口を丹念に洗っていきました。

調べていくと、どうやらこの子は生後まだ1年程度の若い子犬でした。

しかし体重はわずか7キロ弱しかなく、同じ体格の犬と比較しても半分ほどしかありません。

この子犬が想像もつかない恐ろしい境遇にいたことは明らかでした。
そして何よりも、彼は愛情と食事をとにかく必要としていました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook