サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ペットショップで売れ残りとなってしまった犬はどうなるのか?その狭き救いの道

Pocket

ペットショップで売れ残りとなってしまった犬はどうなるのか?

海外では、ペットをショーケースに入れて客に見せる行為は虐待だとする考えもあり、ペットショップ自体が存在しない先進国もあります。

また、あったとしても非常に厳しい基準や規定が設けられており、ペットショップの開業にはライセンスが必要な国もあります。

その一方、消費者に対するサービス精神ゆえに、日本のペットショップでは子犬への負担が大きすぎる販売方法が長年取られてきました。

しかしここ数年で、販売開始週数の変更や店頭販売時間など、ペットショップに対する規制なども徐々に改善傾向が見られています。

ペットショップでは月齢の低い小さな子犬ほどかわいいとされ、どんどん売れていくそうです。

ペットショップにおける犬の販売数は年々増えていて、売れ残りの犬の数は実際にはそれほどの数ではない、とも言われています。

しかし、そんな中でも体調を崩してしまったり、タイミングが合わなかったりして、ペットショップの”売れ残り”として大きくなってしまう子もいます。

残酷にも、生後半年を過ぎた犬はペットショップではそうそう売れません。

そういった犬は、そのままペットショップの看板犬になったり、店員や知人などが引き取られるケースが多いようです。

また、ボランティア団体などと連携して、譲渡会などに参加して新しい里親を探してみたりもするようですが、そういった機会を与えてもらえるのはほんの一部の犬たちです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook