サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

【自宅から拉致】殺処分一歩手前のピットブルが家族の力で幸せを取り戻した

Pocket

【自宅から拉致】殺処分一歩手前のピットブルが家族の力で幸せを取り戻した

北アイルランドに住むピットブルタイプの犬が警察に突然拉致されて家族と離れ離れになってしまいました。

犬の名前は「ハンク」。家族と共に穏やかな暮らしをしていました。家族がいない間に警察に捕まってしまうまでは。

拉致されたハンクは警察から殺処分宣告をされてしまいます。

人間を攻撃したことのない犬が簡単に殺されて許されるはずがありません。

しかし、北アイルランドでは闘犬タイプの犬は毛嫌いされる傾向があります。

ハンクは人間に危害を加えたことがないにも関わらず、闘犬が嫌いな隣人によって警察に通報されてしまったのです。

ハンクの飼い主のレオナルドさんは、「私の父がハンクを散歩に連れて行こうとハンクの名前を呼んだときすでに彼はいませんでした」とBBCニュースに話しました。

子犬のハンクは2年前にレオナルドさん一家にやってきました。穏やかな性格のハンクは一日のほとんどをのんびり過ごして、少しだけ遊ぶような幸せな生活を送っていました。

スタッフィラブのミックスだったハンクは、マイクロチップも去勢手術もしっかりと済ませていました。

「ハンクは遊ぶのが大好きで甥っ子や姪っ子たちとも良く遊んでいました。
愛情をもって育てていた私たち家族には何の問題もなかったのです」とレオナルドさんは話します。

それにも関わらずハンクは自宅から拉致されてしまいました。

レオナルドさんはハンクがどこにいるのかも、会うことができるのかもわかりませんでした。

ハンクは皮膚病を患っていて薬が必要だったのでとても心配でした。居場所を知ることはレオナルドさんが安心できる唯一の方法でした。

犬の監視員からハンクを保護していて殺処分になると連絡がありました。

レオナルドさんは犬に会えないかどうか問い詰めましたが、監視員はレオナルドさんに

「犬を生きて取り戻す可能性の高い方法は、署名を集めて裁判を起こして戦うしかない」とアドバイスしました。

レオナルドさんは、すぐに嘆願書の署名活動をするためにフェイスブックページを立ち上げました。
さらに訴訟費用を集めるための募金活動も始めたのです。

殺処分になりそうだったハンク。家族は殺処分前にハンクに会うことすらも許されませんでした。

レオナルドさんがハンクを助ける裁判を起こすために集めた嘆願書の署名に、多くの市民が共感して協力してくれました。

最終的には、なんと30万人分の署名を集めることに成功しました。レオナルドさんはハンクを取り戻すためにありとあらゆることに手を尽くしたのです。

裁判用の嘆願書の署名もあつまり、募金によって訴訟費用も用意することができました。

レオナルドさんは「ハンクが私たちに捨てられたと思っているのではないかと心配することもありました。

もしも、ハンクが家に帰ってきたとしてもハンクが家に戻るためにしてきたこれまでのことを理解することはないでしょう」とBelfast Liveに話しました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook