サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

引退した盲導犬が11年ぶりに再会を果たし、元飼い主に甘える姿に涙が溢れる

Pocket

引退した盲導犬が11年ぶりに再会を果たし、元飼い主に甘える姿に涙が溢れる

目の不自由な人を11年間サポートし続けた盲導犬の「オリバー」。引退が決まり、第二の犬生を過ごすことになります。

車に乗せられたオリバーが向かう先は、元飼い主の佐藤さん宅です。

佐藤さん家族は、パピーウォーカーとしてオリバーを生後45日から1歳まで育てた親のような存在です。

幼いころに散歩した懐かしい風景がオリバーの瞳に映ります。車から景色を見続けるオリバーは何を感じているのでしょうか。

遠い記憶を思い出しているのでしょうか。

オリバーの到着を今か今かと待ちわびているのは、佐藤雪子さん(64歳)と晃子さん(31歳)親子です。

盲導犬という過酷な仕事に従事し、人間に貢献してきたオリバーの体には腫瘍があることがわかりました。

娘さんの晃子さんは、そのことを盲導犬ボランティアスタッフから聞き「余生をわが家で送ってほしい。」と引き取ることを決めたのでした。

オリバーと再会したら、「おかえりなさい。ご苦労様だったね、と言ってあげたい。」と、笑顔で語る雪子さん。

雪子さんは、「オリバーが自分たちを覚えていなくて当たり前じゃないかな~。ユーザーさんのお家で楽しく暮らしていたからね。」と言います。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook