サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

46歳の女性が自分の孫を代理出産! 「ママになりたい」という娘の夢を叶える

Pocket

オーストラリアのクィーンズランドから、感動的なニュースが届きました。子どものころから白血病を患っていた娘の「ママになりたい」という夢を、彼女の46歳の母親が「代理出産」という形で叶えたのです。


白血病と闘う

オーストラリア・クィーンズランドのイプスウィッチに住むアリス・ホーヘンホウスさん(25)は、わずか4歳のときに白血病と宣告されました。治療を続け、8歳には寛解となったものの、9歳に再発します。
 
白血病などで行われる抗がん剤治療は、「女性が将来妊娠することが困難になる」と言われています。抗がん剤治療を受けてきたアリスさんもその可能性があると指摘されていました。
 
その後、白血病を無事に克服できたアリスさん。彼女には「ママになりたい」という夢がありました。そして23歳のときに自然妊娠したのです。ところが、喜んだのも束の間、お腹の赤ちゃんは15週目で旅立ってしまいました。これまでの抗がん剤治療で、子宮の組織が脆くなっているために、万が一妊娠できたとしても出産に至るまで赤ちゃんが育つことはできないと医師に言われ、アリスさんは悲しみに暮れます。

母親のテリーザさん

アリスさんの母親であるテリーザさん(46)はアリスさんの悲しみを痛いほど感じ取ります。そしてなんとかして娘の夢を叶えてあげたいと、代理出産母になることを申し出たのです。

「最初は私には出産は高齢過ぎると思いましたし、娘も私の年齢を気にしてあまり乗り気ではありませんでした。実は、アリスは妊娠しているとき、脳出血を起こして死にかけたんです。白血病と脳出血で2度も娘を失いそうになったからこそ、娘のために何かしてあげたいと思ったんです。」

テリーザさんはその思いから、46歳ながら代理母になることを決意したのです。テリーザさんにはアリスさん以外にも4人の子どもがおり、また、過去に50人もの子どもたちの里親にもなっています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook