サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

前回大会では金メダル、しかしリオ五輪で結果の出せなかった女性スイマーが自宅に戻ったときに目にした光景に涙…

Pocket

リオデジャネイロオリンピックは先日、閉会式を迎えました。実力を遺憾なく発揮できた選手もいれば、もちろんそうではない選手もおり、今大会でもさまざまなドラマが生まれました。


メリッサ・フランクリン選手

アメリカ・コロラド州のセンテニアルという街に住む競泳選手のメリッサ・フランクリンさん。彼女は前回のロンドン大会でオリンピック初出場を遂げます。その結果は素晴らしいものでした。100m背泳ぎ、200m背泳ぎでは金メダルを、メドレーとふたつの自由形リレーでも金メダルや銅メダルを獲得し、合計5つのメダルを手にしました。

出典:www.facebook.com

大きな期待を背負って出場した今大会。メリッサさんは思うような結果を出せませんでした… 得意の200m背泳ぎでは準決勝で7位。200m×4の自由形リレーでは金メダルを獲得したが、個人200m自由形では準決勝で8位となり、決勝へ進むことすらできなかったのです。
 
前回大会からの4年間、きついトレーニングと練習に取り組み、さらにメダルの期待もかけられたメリッサさんにとってこの結果は耐えがたいものでした。彼女はFacebookで次のように語っています。

最もつらい数週間の後、私は自宅に戻ることと、何よりも私を誇りに思って欲しい人々と顔を合わすことで、とてもナーバスになっていました。

彼女が帰宅すると…

そんなメリッサさんがセンテニアルの自宅に戻ったときのこと。彼女は信じられない光景を目にするのです。庭がたくさんのハートで飾り付けがされてあり、それが一面に広がっていたのです。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook