サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「介助犬に触らないで」常に死の危険と隣り合わせの少女が伝えたかったこととは?

Pocket

「介助犬に触らないで」常に死の危険と隣り合わせの少女が伝えたかったこととは?

アメリカ・ダラスに暮らす17歳の少女ヘイリーさんは、エーラス・ダンロス症候群という難病を抱えて生れてきました。

この病気は、体の接着剤ともいうべきコラーゲンがうまく作られないため、体じゅうの関節が一日に何度も外れてしまうため、重症になると顎関節が外れないように縫合しなければならないような遺伝性の難病です。

ヘイリーさんは自分でドアを開けることもできず、車いす生活を余儀なくされていました。ヘイリーさんが15歳のころ、介助犬のオーストラリアン・シェパードの「フリン」と暮らすようになります。

ヘイリーさんが発作を起こしたら、自力で起き上がることも誰かに緊急事態を伝えることもできないので、フリンはヘイリーさんのてんかん発作を周囲に知らせる役割があります。

さらには、発作が起きそうな予兆をもキャッチできる能力があるため、あらかじめ第三者に知らせることも任されています。

外出時にも、彼女の命綱ともいうべきフリンを連れていきます。フリンが着用している介助犬のベストには、「仕事中です。ペットではありません。触らないで」と書かれているので、通常触る人はいないはずですが….

たまたま彼女の父親の仕事先の人がフリンを見かけた際に、撫でて可愛がってしまったのです。フリンはまだトレーニングを始めてから7ヶ月だったことが災いし、つい反応してしまったようです。

このとき、運悪く彼女の発作が始まろうとしていたのでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook