サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

犬にも感情がある。亡くなった兄弟犬のそばを離れようとしない目に涙を浮かべた犬が教えてくれたこと

Pocket

ゴミ箱に捨てられていた2匹のロットワイラー犬の兄弟、ハンクとブルータスは保護施設で保護され、2013年に兄弟そろってアメリカ・ワシントン州にあるこの家の一員となりました。


突然の死…

出典:youtu.be

それは2015年1月のことでした。ハンクとブルータスが家族の一員になってまだたった2年です。兄弟仲良く同じ家で暮らすことができ、これからいっぱい楽しいことが待っているであろうというその矢先、突然ハンクが亡くなってしまったのです。
 
いつものように目を覚ましたブルータスですが、ハンクが一向に起きようとしません。飼い主の男性が確認すると、ハンクは寝ている間に天国へと旅立ってしまっていました。

前日までは元気だったハンク

前日まで元気だったというハンク。ご飯もちゃんと食べたし、苦しがったりしている様子はなかったといいます。飼い主はあまりに突然なハンクの死に動揺し、悲しみに暮れました。そしてそれは兄弟であるブルータスにとってもつらく悲しいものだったのです。ブルータスは2度と動くことはないハンクの体の上に頭を重ね合わせ、その場を動こうとはしませんでした。

出典:youtu.be

この家に迎え入れられて2年の間、1度も見せたことのなかった涙が、ブルータスの目には浮かんでいました。

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook