サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

12歳の少女が野生動物をハント! 殺した動物と笑顔で映る記念写真をSNSに投稿して世界中から非難の声

Pocket

2016年8月、アメリカ・ユタ州に住む12歳の少女がFacebookに自らが殺した野生動物とともに笑顔で映る「記念写真」を投稿しました。この写真を見た世界中のネットユーザーから非難が殺到。TVニュースが取材をするほどの大きな話題となりました。


12歳の少女、アリアンナ・ゴーディンさん

今アメリカで、この12歳の少女、アリアンナ・ゴーディンさんがFacebookに投稿した「記念写真」が物議を醸しています。

出典:www.facebook.com

アリアンナさんは12歳にして「トロフィーハンター」です。日本ではあまり馴染みがありませんが、トロフィーハンターとは、食べるためにハントするわけではなく、ただ野生動物を殺すことを趣味としているハンターのことです。欧米ではこのようなトロフィーハンターが数多くいるとされ、主に富裕層の趣味となっています。
 
アリアンナさんと彼女の父親エリさんはこの夏、ユタ州から南アフリカへ旅行に出かけました。この旅行中の写真が彼女のFacebookに投稿されるなり批判と称賛が入り混じるコメントが相次いだのです。

殺した動物と記念写真

この旅行はただの旅行ではなく、趣味のトロフィーハントをするための旅行でした。そのときに撮影された写真がこちらです。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

これらはアリアンナさんが父親の力を借りて、銃と矢を使用して殺したキリンとシマウマです。この写真がFacebookにUPされると、世界中のFacebookユーザーに衝撃が走りました。彼女のハンターとしての腕を褒め称えるコメントも少しはありますが、多くは

●彼女は病んでいる
●動物を憎んでいるのか

などといった批判めいたコメント。さらには彼女とその父親の命を脅かすようなコメントまで見受けられました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook