サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

なぜ野良犬は墓を掘り返していたのか?その必死な理由に胸が熱くなる!

Pocket

なぜ野良犬は墓を掘り返していたのか?その必死な理由に胸が熱くなる!

2015年4月、セルビアの首都ベオグラードの住人から「野良犬がお墓に住み着いているから見に来てほしい」と、動物保護活動家のヴェスナ・ミハイロスキさんに連絡が入りました。

現場に急行すると、そこには、お墓の土を掘り返した穴の中に、1匹の野良犬がじっとうずくまっていたのです。声をかけてもこちらの様子を伺うだけで、いっこうに動く気配がありません。

何かをかたくなに守っているかのように感じたヴェスナさんは、静かに穴の中を覗き込みます。すると、穴からは小さな鳴き声が!

あろうことか、この野良犬は墓の土を掘って出産し、子犬たちを懸命に育てていたのでした。

ベオグラードの4月といえば、最高気温は18度、最低気温は8度程度です。

生れたばかりの犬の赤ちゃんの体温は34度と低く体温調整の能力も育っていないので、32度前後の保温が必要と言われています。また、目が開く2週間ぐらいまでは、薄暗い環境で過ごさせるのが適切です。

いくら母犬が子犬を抱き込んで温めたとしても、雨にあたれば一気に体温は冷えてしまい、子犬が生き延びることは難しくなってきます。

母犬は本能的に「雨風があたらず薄暗くて安全な場所」を探した結果、この墓の下を選んだのでしょう。

ヴェスナさんは持参したドッグフードを与え、母犬を穴の外に誘導しました。

墓の下の穴は予想外に大きく、シェパード系と思われる母犬の体をもってしても、身重の体でこんなに大きな穴を掘るのは相当大変だったと思います。

母犬の必死な想いが伝わってくるようです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook