サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「人とは違う。でもそれが最高の部分」白斑症の3児の母が「白斑症の女王」と呼ばれる理由

Pocket

「人とは違う。でもそれが最高の部分」白斑症の3児の母が「白斑症の女王」と呼ばれる理由

自分は周りとは違う。そのことに気付いた時に、どれほどの人が自分を素直に受け入れてくれるだろうか。
そしてどれほどの人が、そんな自分に理解を示してくれるだろうか。
5歳の頃から「尋常性白斑」を患って来た女性が、
現在「Vitiligo Queen」(白斑の女王)と呼ばれるに至るまでの、
これまでの人生を振り返っりました。

米LA在住のテネーシャ・ブラウンさん(32歳)は、「尋常性白斑」という皮膚疾患を抱えています。
白斑は色素の一部が白く抜ける皮膚疾患で、
色素細胞が何らかのきっかけで破壊、
もしくは色素が合成される過程の機能が停止してしまったことが原因だとされています。
症状には個人差があるものの、顔や手、足など色素が増強し目立ちやすい場合には、
それが精神的なストレスとなり症状をさらに悪化させる原因にもなると言われています。

5歳の頃から白斑症を患っているというテネーシャさん。
家族の中でも彼女一人だけが、この皮膚疾患を患っているそう。
元々の皮膚が白くなり、まだらになって行くことでテネーシャさんの10代は辛いものになったと言います。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook