サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

パキスタンで数百匹の犬が殺処分…目を覆いたくなるような光景に何を感じる?

Pocket

パキスタンで数百匹の犬が殺処分…目を覆いたくなるような光景に何を感じる?

パキスタンの首都・カラチでは毎年多くの人が野良犬に咬まれ、被害を受けています。
去年だけでも6500人の人が野良犬に咬まれて病院で治療を受け、今年も現在までに3700人が治療を受けたとされています。

この数字は病院で治療を受けた人の人数ですので、実際に野良犬から被害を受けた人はこれ以上の数字になると考えられます。

6500人という数字に耳を疑ってしまいますが、さらに耳を疑いたくなるような出来事が…。

この被害を食い止めるため、なんと少なくとも700頭以上の犬たちが捕らえられ、毒殺されたとのことです。

無慈悲にも殺されてしまった犬たちの姿を捉えた写真。

見渡す限りのスペースに、命を絶たれた犬たちの姿が写されています。 

また別のカメラでは動画が撮られています。

土砂でも処理するかのように、ブルドーザーは犬たちの遺体を処理していきます。

犬たちの足は紐が巻き付けられており、彼らの最後がどのようであったかを想像することは難しいことではありません。 

野良犬に咬まれるということは、ただ単に怪我を負うということの他にも狂犬病の恐れがあります。
ワクチン接種を受けずに狂犬病を発症した場合、確実に死に至り、医療が進んだ現在でも確立した治療法はないと言われています。 

そういった狂犬病を防ぐ目的もあり、野良犬を減らすことは早急に解決すべき課題であったと推測しますが、この殺処分には怒りを覚えずにはいられません。

パキスタンがイスラム国家であり、イスラム教にとって犬は忌むべきものだとしても、何かもっと他に打開策はなかったのでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook